スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黒子のバスケ」 残り39秒!

「黒子のバスケ」第199Q「至難の業だ」の感想です。

○前回まで

198話の感想はこちら

 黄瀬の猛攻は会場全てを味方につけてしまう。海常一色の応援に呑まれるかのように、自分たちの得意とするオフェンスにミスが出始めた誠凛。
 その状況を打破するべく1人奮闘する"エース"火神。彼の言動を引き金に、誠凛は闘志を再燃することに成功した。それに呼応するかのように、黒子が、黄瀬の「完全無欠の模倣」を止める方法を思いついたと言い―!?

 前回の補足は特にありません。
余所の感想も多くの所が「筋書き」というセリフから正答を予想していたので、自分の感想を見返しても無難だな、としか思えないのでした。
 強いて言うことがあるとすれば、日向がスリー決めそうという予想は外れそうです。


○黒子の策

 黒子の策は、自身が「完全無欠の模倣」の次のプレーを予測したうえで、これまで何度も「キセキの世代」のプレーを破ってきた火神に黄瀬打破を託す、というものだった。
 ラスト2分でそれを実現するのは困難であり、事実、黄瀬は得点を重ねてゆく。残り39秒、ついに海常は誠凛を逆転する。

 最初読み終えた時の感想は「ちょっと展開が速すぎるのでは」でした。
前回「会場が海常一色」(伊月もびっくりの寒いギャグ)を描いたばかりなのに、早くも「誠凛を応援し始める会場」を描いてしまうのは違和感がありました。

 しかし、一方で納得できる所もあります。
というのも、試合の展開は「一方的な攻撃による黄瀬の連続ゴール」だからです。
 桐皇VS海常では「2人のエースは互いに1本も落とすことなくゴールを決め続けた」というような一言で済ませたこともあるので、黄瀬が連続で得点する様子だけを1つ1つ描くことはしないかもな、と思えるからです。
 せめて1プレイくらいは黒子が気付くヒントがあるなら…とは考えましたが、そういう謎を当てにいく作品でもないので、こういう展開もありなのかな、と。
 数回読み返した今では「とりあえず来週の結果次第だな」という考えに立ちました。試合全体で判断することにします。

 日向はスリーを決めるのでなく、他の所で活躍してしまいました。
これで決勝に響いたりなんかしたら誠凛はケガ人が多すぎるのでヤバいですね。しかし、小金井、土田、水戸部の出番が今回の試合は少ないので嫌な予感が少しあります。
 各自の必殺技の件と合わせて、日向が決勝で引っ込む展開はあるかもしれないなあ。



○ラストチャンス!


 さて、残り39秒です。誠凛(火神)が1ゴール取っても、黄瀬の攻撃をもう1回凌がないと勝ちはありません。
何にせよ、火神はゾーンに入るしかないし、入ることになるのかな、と。
 そう予想するのは、今週の展開が根拠です。つまり、誠凛が逆転されたのが火神のゾーン入りの条件に関係するのではないか?ということです。

 かつて青峰はこう言いました。

130207.jpg

 肝は「なんとなく」です。青峰でもはっきりしていない、と。
 VS桐皇、VS陽仙を見る限り、「仲間のために勝ちたい気持ちに火が付くこと」が条件のように思えますが、それならば、今回のVS海常で発動していてもおかしくないはずです。
 当然、集中もしているはずです。198話の描写を見る限りでは、火神が誠凛で一番冷静に戦えているのは間違いないですし。
 そうなると、火神のゾーン入りの条件にはもう1つ「劣勢に立たされていること」もあるのではないでしょうか。つまり、今回でやっと条件が整ったのでは!?ということですね。

 ただまあ、先ほども書いたように1ゴール取った後に、1回攻撃を防がないといけないので、火神がゾーンに入れば勝てるという簡単な話では済まないのが事実です。
 黒子も黒子で集中しているはずなので、彼もゾーンに入る説がまだ捨てきれません。

 何にせよ、どうやって「完全無欠の模倣」を破るかが楽しみです。
また緑間が可哀想にならないことを祈るばかりですが。
 決勝戦の赤司攻略も兼ねて、「天帝の眼」の弱点を見抜いて勝利だと熱いので、赤司コピーを攻略して勝利という大穴に一票入れてみます。

「BLEACH」 死闘の果てに

「BLEACH」525話「Edges」の感想です。

 まずは前回の補足から(524話の感想はこちら)。
倩さんの感想の「剣八自身が卯ノ花の斬魄刀」という説に目から鱗でした。確かに、こうであれば色々なことに辻褄が合うな、と。正解は違うような気配はありますが、腑に落ちたので支持したいです。
 そして、タイトル「The Drop」は「低下」という意味が一番先に来るようで。お恥ずかしい


○今週のタイトル

 読む前にまず思い浮かんだのが「刃」と「鋭い」という2つでした。
読み終えると、どんどん鋭くなった今回の剣八を上手く表すタイトル通りの回かな、と。

 「edge」の意味を調べてみると「ぎりぎりの状況」という比喩表現で使われると知りました。
わざわざ作中で「限々(ぎりぎり)」という表現が使われているくらいなので、この意味も持っていると見て間違いないかな、と。

 もう少し踏み込んでみます。
 「果て」という意味もあるそうです。今週は戦いの「果て」が描かれていました。
ラストシーンで剣八がたどり着いた強さは、この後感想で書くようにまだ「果て」ではないと読みましたが、卯ノ花の命の行く先が「果て」なのかもしれないな、と。
 
 そして、「(町の)はずれ」「中央からも最も離れた所」という意味もあると。
剣八の生まれ落ちた「更木」はソウルソサエティにある町の序列で一番離れた場所のはず。今回の戦闘地が「更木」なのだとしたら、回想で描かれた場所もまた「edge」でしょう。

 まとめ。
 「更木」=果ての地(egde)でのかつての戦いや、剣八がこれまでに経験した限々(edge)の戦いを、卯ノ花が思い返しながら剣八の刃(egde)が鋭く(egde)になるのを受けていき、戦いの果て(edge)に彼女の命が果て(egde)に辿り着いた、と。
 というように、、何重もの意味の「edge」であり、それ故の「Edges」というタイトルかな、と今回も考えすぎてみたのでした。うん、我ながらくどいです。


○幼き日の死闘
・刃を交えながら、更木と卯ノ花は互いが初めて刃を交えた日を思い返す。

 ひたすら驚かされた過去回想です。
 幼い頃の剣八、美少年じゃないか!という驚きが、読んだ時はまず一番に来ました。
何を食ってあんなにゴツくなってしまったのでしょうか。
 何気に、死体の山に死神っぽいのがいるのもまた驚きです。卯ノ花隊長と同行した十三番隊の誰かがあっさりやられてしまったのでしょうか。

 そして、最強と謳われた初代"剣八"であった卯ノ花さんよりも強かった、ということにまた驚きました。
前回、予想が全くできなかった「罪」の正体は、更木剣八を自分自身のせいで弱くしてしまったことだった、と。
このことを踏まえると、卯ノ花隊長の怒りは自分に向けられたものであり、この戦いで命を捨てようとしているのも責任を感じているからなのかもしれません。
 因果関係がめちゃくちゃになりますが、力を解放した剣八がいれば山本総隊長が命を落とすことはなかったかもしれない、という後悔もあるのではないかな、と。
 

○決着の刻
・死線を越え続けた更木剣八の力が、卯ノ花の力を超える時が訪れる

 成田良悟先生の書いた小説では、剣八が「相手に合わせて霊力の上限を自動的に調節する」という特性を持っていました。戦いを"愉しむ"剣八らしい設定だな、と膝を打ちました。
久保先生は後書きでこの設定について「やられた!」というようなリアクションをされていましたが、正解は少し違ったようです。
 卯ノ花との死闘を"愉しむ"ために自らの力をセーブした剣八は、蓋をした状態がずっと続いており、一護やノイトラといった強敵との戦いによってそれが少しずつ外れていった、と。そう考えると一護戦の後のノイトラ戦での強さに納得がいきます。
 それに、霊圧を自動調整するというより、徐々に強くなっていると考えた方が格好良いです。

 前回の感想で触れた殺す/治すは正解だったようです。まあ、それしか考えられなかったですからね。
 しかし、死線を超えるたびに強くなるなんて、まんまサイヤ人です。「剣八はサイヤ人だった」とか言われても納得しますよ。

 殺すという言葉に使った「百度でも千度でも」に対して、癒すという言葉には「何度でも何度でも」という丁寧さ・優しさを含ませる語句を撰ぶ、久保先生の言葉撰びのセンスには痺れます。
 そういう所を見ても、本当は卯ノ花隊長は優しい人なのだなあ、と思わされました。今週は表情がかなり柔らかくなっていたのも、今までは心を鬼にしていたのかな、とか考えてしまいました。
 
 憧れた強さを持つ卯ノ花を、剣八は斬り殺してしまうのでしょうか。
一護から学んだ強さとして、「殺さない強さ」があることを知っているとしたら…という可能性に賭けたいです。
 少年漫画における不殺は好きではないですけど、剣八の成長を描くという点でも、あと卯ノ花隊長が卍解していないという点でも、死なないでいてほしいところです。
 さて、どうなるやら。


○更木剣八の謎

 過去回想が驚きの連続だったと書いてますが、一番驚いたことを先ほどは書いていませんでした。
それは、"まだ死神ですらない"幼い日の更木剣八が

130204.jpg


既に現在と同じ斬魄刀を持っている
、という事実です。
 正確に言うならば、まだ更木剣八という名前すらない名もない戦闘狂の少年が斬魄刀を持っている、ということになります。
 現在、一護サイドで描かれている王悦による修行によって、無名の斬魄刀「浅打」は死神に与えられるものだと明かされているこのタイミングで、剣八が幼少から斬魄刀を持っているということには意図的なものしか感じられません。
 東仙要のように、他人の斬魄刀を所持する=剣八の場合は殺して奪ったということも考えられますが。が、まだ肝心の、明らかに謎を抱えている草鹿やちるがこの対決に全然絡んでいないのも気になります。

 結局、何が言いたいかというと、卯ノ花隊長が命を賭して行ったのは"剣八の本来の力を取り戻す"ことだけであって、斬魄刀に関しては何もしていないので、剣八は斬魄刀次第で更に強くなるのでは!?ということです。
 更木剣八、底が見えません。


 あと、もう1点気になることが。

130204-1.jpg

 千年前の十一番隊の副隊長らしき彼。
額当てをしている副隊長というのは、なんともこう、カマセ犬の香りが……。
卯ノ花と剣八の戦いに巻き込まれて死んでいたりしないでしょうか。心配です。
 とは言っても、回想終わってしまったので今後は出番無さそうですが。



週刊少年ジャンプ 2013年 9号 感想と予想

○トリコ

・トリコVSスタージュン開戦
 7巻+十数話までの知識しかないのですが、トミーやグリンパーチは知っているのでテンション上がりました。しかしキショいです。
 セツさんの「何じゃ?」は倒れているザウスシェフらしい男が本人じゃないことに対する違和感かな。


○NARUTO

・ナルトのチャクラで皆がパワーアップ
 人並み外れたチャクラを持つナルトが、一人ぼっちだった昔を乗り越えて、認めてくれた皆に力を分け与えるというシチュエーションは熱いです。ネジの遺志にまつわる話は今回でひと段落なのかな。


○ONE PIECE

・恒例の宴にローびっくり
 ナミさんの女海兵への信頼にグっときました。海軍だって良い奴いますよね、という回だったな今回。
島攻略後の緩い回と思いきや、ルフィの目標が決まったり等々、けっこう大きい動きがありました。自分で考えてもわからないので余所様の感想を見て学びます。
 もしかしてドフラミンゴさん、宴の会場に乱入してぶち壊すなんて空気の読めないことを…しないか。



○食戟のソーマ

・めばえっ
 女性陣の裸よりも一色先輩の不自然なエプロンが気になる件。
真面目に考えたくもないですが、真面目に考えるなら全裸になっていないので完全勝利ではないということなのかしら。
 一色先輩は優しくて良い人だなあ。お茶漬け美味しそうです。


○斉木楠雄のψ難

・猫派でも犬派でもなく、どうでもいい斉木の前に高慢な猫が
 私もどうでもいい派です。動物は苦手です。だから猫はレギュラー化しなくてよかったニャ。
「上の骨派?下の骨派?」が今回のツボでした。そしてママ可愛い。「スケベなやつでしょ!?18禁の!!」って言い方が可愛い。
 コミックス0巻~3巻まで一気に買ってしまいました。おっふ


○黒子のバスケ

 個別感想書きました


○暗殺教室

・殺せんせー、ハワイで映画を見る
 移動中も視聴後も生徒に学ばせることを忘れないせんせー立派すぎます。
 そして現れる2人目の転校生。それよりもローブの男が気になります。これはアレですか、スパスシフィカとかいう名前なんでしょうか(わかりにくい)。


○ハイキュー!!

・烏野、マッチポイント
 西谷、格好良すぎるでしょうこれ。足を使ってもOKというルールと、ページをまたいでこその演出を上手く使ってのすごいシーンです。が、これはもう作品内では使えない一回きりのテクかな、と。その1回きりをエースに上手く決めて欲しいところです。次回決着してくれ。


○BLEACH

 個別感想書きました


○今週のベスト3

1:ハイキュー!!
2:ONE PIECE
3:BLEACH

<<PrevPageTopNext>>

プロフィール


管理人:10

何かあれば、下のメールフォーム又はpudding_sour_10○yahoo.co.jpへ御連絡ください。
(○を@に変えてください)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新の記事
全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
カウンター



+2,000,000
(since:2007.8.5~)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。