スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水栄一×下口智裕「鉄のラインバレル」1巻



「なあ 矢島………それでも俺 お前みたいになりたかったんだよ」

 事故で瀕死の重傷を負った早瀬浩一少年。
やがて目を覚ました時、少年は未知の力を手に入れていた…。
そして3年後、少年の目の前に事故の原因となった巨大人型ロボット「ラインバレル」が出現する!!
少年達の激動の青春群像を描くドラマッチク巨編、始動!!
鉄の巨人、降臨!!
(単行本裏表紙より)


 2013年3月14日に発売する「スーパーロボット大戦UX」(リンク先公式サイト)に、「鉄のラインバレル」の漫画版が参戦することが決定しています。
 それに伴い、ゲーム発売までに既刊の収集と、できればここで感想を書いてしまいたいな、ということで2月3月の更新では優先して取り上げていく予定です。


 巨大ロボット・ラインバレルの搭乗者=「ファクター」に選ばれた早瀬浩一少年の物語である「鉄のラインバレル」。
 浩一は幼い頃に親友の矢島にずっと守られていた事が悔しく、強くなった現在はその反動で守ることに酔っており、とてもまともな主人公ができるとは思えないくらいです。
 はっきり言って1巻の浩一は酷いので、ラインバレルの格好良さや、この先の期待感で読み繋いでいくことが出来たというのが正直な感想です。

 やがて物語は世界を巻き込む大きなスケールになっていくようです。が、1巻は浩一がラインバレルの力を自覚するところから始まるので、話の全体像はまだ見えてきません。
 1巻は巨大な力を手に入れた浩一が増長する様子と、それを何とかしたい親友の矢島がメインとなって描かれており、その他に出てくるキャラクター達は敵なのか味方なのかもまだわかりません。
 
 圧倒的な強さを見せるラインバレルは敵の襲撃を圧倒的な強さでねじ伏せ、主人公ロボットとしての強さを存分に発揮します。
しかし、同じファクターを名乗る森次という男の操るヴァータントに戦いを挑まれ、更に圧倒的な力で破れてしまう、という敗北の経験も浩一は早くも味わうことになります。
 ラインバレルが刀を振るって戦うのが格好良いと思っていたところ、後から現れたヴァータントが十数本の刀を駆使して戦う、という描写には痺れました。 

 幼馴染の一般人の女の子と、ロボットの秘密を握っていそうな謎の美少女がいる、というダブルヒロインの構図もツボを押さえていてナイスな展開です。


○主人公としての自覚

130202.jpg

 突然ですが、ロボットものだと「蒼穹のファフナー」という作品が好きです。
一気に引き込まれたきっかけは2話で早くも主人公の男の子が自ら戦う決意をする、というシーンでした。
 デカいロボットに乗りながら主人公がウジウジしているというギャップがあまり好きではないので、ロボットものに関しては「いかに早く主人公がロボットに乗って戦うことを決意するか」が、自分の中ではかなりのウエイトを占めています。

 そういう観点で見ると、「鉄のラインバレル」は1巻でその覚悟をするであろうシーンがラストに来ているので、浩一に関しては成長を期待できる、と読めました。
 その覚悟のきっかけが友人の死というのは残酷ではありますが……。

 成長という意味では敗北イベントもこなしていますし。覚悟の前に敗北をしているというのが珍しい構成のように思えますが、俺様主人公がまっとうになっていく過程には不可欠なので、これまた安心ができるといいますか。

 そしてトドメに、何回も言っているように浩一は本当にどうしようもないくらい俺様主人公として登場しているので、1巻が一番最低ラインであり、下がりようがないというのも、この作品を今後安心して読めそうな点なので、ここで描かれる浩一に関しては我慢して見守るような気持ちでいたいな、と。
 幸い、森次のような真っ当な大人もいることなので、心配ない…はず。

週刊少年ジャンプ 2013年 9号 感想と予想PageTopくみちょう「B.B.GIRLS」1巻

Comment

私もファフナーとラインバレルの両方が好きです!

>「いかに早く主人公がロボットに乗って戦うことを決意するか」
この記述を見て「なるほど!」と得心がいきました。
今風のうじうじ型主人公(エヴァなど)やイケイケなスーパー系との違いは、
こういうところだったのですか。
なんかすっきりした気分です。ありがとうございます。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://sour10.blog115.fc2.com/tb.php/477-c2d6782b

プロフィール


管理人:10

何かあれば、下のメールフォーム又はpudding_sour_10○yahoo.co.jpへ御連絡ください。
(○を@に変えてください)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新の記事
全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
カウンター



+2,000,000
(since:2007.8.5~)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。