スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スピリットサークル」6輪目 ヴァン・2

「あいつのせいで!!あいつのせいで!!魔女め!!全部あいつが!!あいつが!!」

第5輪の感想はこちら
 扉絵から嫌な予感がする6輪。早くも"呪い"によってメチャクチャな人生が始まるのか…という悪い予感がしたものの、それとは裏腹に今までで一番明るい回だったのではないかな、と。
それだけに"呪い"が一体何を示すのか考えてしまう回でもあったので、その辺にも触れてみています。


 冒頭の上司との別れで言われた「前世では親子だったかも」というのはフォン編を振り返ってもそんな気はしませんでした。ので、人生に深く関わる人にはそれくらいの縁がある可能性があるよ、という作品世界のあるあるネタなのかな、と感じました。
それと同時にこの後に出会う3人の前振りにもなっていると。

 ヴァンの新生活はそれほど悪いものではないように見えます。
ただ、そう思えるのは、まっとうな騎士だった時と、この後にスティールと出会うまでの時間の描写が短すぎるせいで判断がつきにくいために起こる錯覚かなと。魔女への恨みを見るに、まっとうな騎士として生きたかった願望もかなりあるでしょうし。
 この辺はヴァン編を読んだ後にまとめて読み返すと解釈が変わってきそうなので、心に留めておきます。


 ○スティールとグラスとシエロ

 この3人の登場はズルいです。現代編での前振りが効いてます。
 暗殺者のスティールは、スチール→"鉄"でテツなのはすぐにわかりました。
エセ宣教師のグラスは、"芝"≒五行でいうところの"木"系→ダイキ、という多少強引な解釈でよろしいでしょうか。
 
 20130119-1.jpg

 これは誰でも気づく対比だけれども、並べて貼らずにはいられません。風太がりんごジュースを飲んでいるのが細かい。
年齢に関係なく、この3人が揃えばバカ話で盛り上がれる、というのは理想的な関係ですね。
 1輪を読んだ時には「風太は夕日と対比するために友達が沢山いる設定を持って来たんだな」的なことを考えていたんですが、何もフルトゥナとコーコだけに縁がある訳ではない可能性は思いつきもしませんでした。
 グラスによって、前回の感想で気にしていた「キセキも魔法もねーよ」がちゃんと拾われたのにもニヤけてしまったのでした。

20130119-2.jpg

 もう1人のシエロは現代の吾妻先生ですねこれ。
吾妻先生は4輪で2コマしか出ていないものの、ダイキが「何となく気が合うんだよねー」と言っていた理由の「何となく」が判明して膝を打ちました。個人的にはテツとダイキより、吾妻先生が風太の過去生に登場したことに一番テンションが上がりました。
 シエロも吾妻先生も、3人から一歩引いた立ち位置にいるのが好きです。

 シエロおよび吾妻先生に関して1つ予想をします。
シエロ(Cielo)はイタリア語とフランス語で「空」「天空」といった意味があるようです。なので、吾妻先生の名前は"空"もしくは"空男"あたりと予想します。吾妻空(アズマソラ)だと風巻豹感があるので、このパターンも大いにあるかなと。
 Cieloには「神」という意味もありますが、まさか吾妻先生が神クラスなわけはないでしょう。ないですよね。


○"呪われた人生"とは?

 フォンよりも楽しそうに暮らしており、どの辺が呪われた人生なのか今月だけではわかりません。が、最後の方で描かれた「友人たちとの死別」こそが"呪い"なのではないかと。つまり、5輪最後のモノローグで「ここからが長かった」とあるように、人生が長いことが自体がヴァンにとっての"呪い"なのでは、という予想です。
 
 今回のラストページで登場した赤ん坊によってヴァンの人生はまた活気付くけれども、また先立たれる結末が待っている可能性がありそうです。
 未消化の要素である、魔女の台詞「村が…。薬が……」と絡めて考えて、魔女がいれば完成していた薬が無いせいで中世で流行した何らかの疫病に赤ん坊が感染し、ヴァンより先に逝ってしまう、なんて予想になりましたがどうなるやら。

 未消化といえばフランティア家の弟もいますね。
テツ、ダイキ、吾妻先生がいる前世から考えると風太のきょうだいになるのは弟で確定なのかな。

 書きながら気づきましたが、フォンの魂を持ちながらヴァンには精霊が視える目がないですね。
フルトゥナが持っていたのかどうかも含めて、これもまた気に留めないといけませんな。
 あと、気に留めるといえば「呪いの有無」ですか。これはヴァン編だけでは何とも言えないことなので、4章以降に着目します。

 という感じで、コーコの魂がすでに居ない世界ながらも今後の展開を考えるうえで気になることがありすぎる素晴らしい回でした。今までも当然面白かったですが、思い返した時に、もう1段階好きになるスイッチ入った回になりそうです。

「スピリットサークル」7輪目 ヴァン・3PageTop「スピリットサークル」5輪目 ヴァン・1

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://sour10.blog115.fc2.com/tb.php/464-c745aa86

プロフィール


管理人:10

何かあれば、下のメールフォーム又はpudding_sour_10○yahoo.co.jpへ御連絡ください。
(○を@に変えてください)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新の記事
全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
カウンター



+2,000,000
(since:2007.8.5~)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。