スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マテリアル・パズル」 「マザー」について考えてみた

 「ゼロクロイツ」最終巻が発売したものの「神無」の開始時期は未定ということで、今のうちに書いておきたい「マテリアル・パズル」の小話です。
今回は「マザー」の話。

○「マザー」とは?

 初出は8巻。1章の終盤です。命令違反で暴走気味の身内を制止するために、暫定ラスボスのクゥがズギョっと使用しました。初めて見た時は「マザー」という何の魔法か予想がつかない名前の謎加減と、クゥから漂う強キャラオーラに圧倒されたことを覚えています。

 次に出てきたのはコミックスだと「採光少年」の1巻に収録された外伝「三大神器誕生」です。
ここで「マザー」が「空間歪曲魔法」だとあっさり判明します。ここで、8巻で使用した時にブライクたちを止められた理由がわかりました。よく見なくても空間に歪みができていました。
 そして「最強の魔法」とも明言されます。
読み返したところ、ブライクが12巻でクゥのことを「最強の魔法使い」と称していました。クードラ状態は魔法使いとは違うので、最強の魔法を持っている=最強の魔法使いと解釈しました。

 そして、まさかのゼロクロ最終巻で登場です。しかも物語を終わらせる重要な役割を果たしました。
「マザー」は、世界を救うためにシュウガがこの世に生み出した新たな魔法だったと。驚きです。
が、デュデュマの脅威から世界を救ったとなると、「最強魔法」と言われても納得せざるを得ません。


○何で「マザー」なのか?

 採光少年が完結してから、ゼロクロ最終巻を読むまでは、クゥが「マザー」を所持している理由を以下のように考えていました。

1:クゥは母親=ムリアを求めている。だから「マザー」という名前の魔法を持っている。
(アダラパタ説に則ると、心の穴を与えられた魔法で埋めている=「マザー」を得ること、得たい気持ちでクゥは安定している)
2:「マザー」の属性が「仔」→分解すると「人」の「子」であることから、この魔法を持っている限りはクードラドールは「クゥ」でいられる

 2に関しては、採光少年で自身の口から語られている通りです。ムリアがいるからクゥでいられる。いなくなってしまったらどうなるかわからない、と。事実、コルクマリーの凶行によってムリアが絶命し、クゥが暴走。クードラドールとなってしまったようです。

 今まではクゥありきで「マザー」という名前である理由を考えていました。が、ゼロクロで使用されてまた事情が変わってきました。そもそもの名づけ親のシュウガがいるわけです。
 まあ、ゼロクロで追加された「マザー」の由来は単純で、那智さんも仰っているように「母なる大地から生まれた魔法」ということに尽きるでしょう。
「シュウガはこんなこと言わない」と言いたくなるんですが、この辺はベルジと少し混じってるんじゃないかなと思っていたりします。話題が違うのでこの辺で止めておきますが。


 「マザー」という名前の魔法をクゥが持っている運命的な理由については今まで考えて納得していたものの、そもそも「何でマザーなのか?」については考えたことがありませんでした。それが今回、ゼロクロで答えが与えられて理解が深まった気がしていまう。
 そして、所持者の対比が、ゼロクロで誕生理由が語られたことで面白くなったなと。
シュウガが"星を守るために"生み出したのに対して、クゥが"星を滅ぼすために"活動をするムリアの傍にいて「マザー」を所持している。この辺も意図的にやっているに違いないので、まだ「マザー」で一波乱ありそうな予感がします。
 そもそもが、外伝として事実について描かれているのではなく、グリンが実際に目撃しているという形をとっているので期待せずにはいられません。
 が、まずは「神無」が開始しないことには何も始まらないわけで……待ちきれないです。

「マテリアル・パズル」 ゼロクロイツで残った謎について考えるPageTop「宇宙兄弟」 ムッタとケンジの握手

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://sour10.blog115.fc2.com/tb.php/451-619086fd

プロフィール


管理人:10

何かあれば、下のメールフォーム又はpudding_sour_10○yahoo.co.jpへ御連絡ください。
(○を@に変えてください)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新の記事
全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
カウンター



+2,000,000
(since:2007.8.5~)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。