スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宇宙兄弟」 ムッタとケンジの握手

 「宇宙兄弟」最新16巻が面白いです。言うまでもありません。
16巻は、月を目指すチームへ参加することを認められたムッタと、同じチームにいる親友のケンジを中心に、訓練の様子が描かれています。
当然のように、2人は今までのように息を合わせて協力し、与えられた課題を順調にクリアしていきます。水中での訓練によって月の重力を疑似体験したムッタとケンジは、自分達が月へ行ける手ごたえを強めながら、友情も深めていきます。

2011122901.jpg

小山宙哉「宇宙兄弟」18巻

 いい画です。言葉にしなくても互いに支え合えるのが、ムッタとケンジの友情の形であることは今までを見れば明らかです。
しかし、「2人のうちどちらか1人しか月に行けない」という残酷な事実が告げられると2人の関係に変化が訪れます。

2011122902.jpg

小山宙哉「宇宙兄弟」18巻・

 ムッタとケンジは手を取り合うことができません。このシーンは今までの二人を振り返ると信じられませんでした。嘘でもいいから手を取って欲しかったと思わずにはいられません。
今回はムッタが先に手を伸ばしたので、ケンジが断っていますが、おそらく逆でも同じことになっていたはずです。

 私は先ほど、ムッタとケンジが手を取り合わなかったシーンについて、「今までの二人を振り返ると信じられない」と言及しました。今回のような「手を貸す」状況は初めてですが、作品を通して二人はよく握手をしています。
ムッタとケンジはよく握手をしているという印象があったから、手を取り合わない、つまり、握手の形が成立しないことが信じられなかったのです。

 16巻を読み終わると、「ムッタとケンジは今までどれだけ握手をしていただろうか」と気になりました。また、単純にまた最初から読み返したくなったこともあり1巻から16巻まで通して読みました。すると、握手についてちょっと面白い発見がありました。
独自の解釈も含めての発見なので、法則として成立しているかどうかは怪しいです。けれども、紹介しないよりはした方がいいだろうと思うので、「そうかもしれないな」という程度に見てもらえれば嬉しいです。
 ということで、握手の歴史を順番に見ていきます。

・記念すべき初握手

2011122911.jpg

小山宙哉「宇宙兄弟」1巻・

 記念すべき初の握手は二人が出会って間もなくの頃です。ここでは、ケンジから握手を求めています。
宇宙飛行士候補の2次審査会場で出会ったムッタとケンジはすぐに意気投合し、10分話しただけで「ムッ君」「ケンジ」と呼び合う仲になります。会ったその日に親友になれる関係だったからこそ、16巻の例のシーンは余計辛く感じたのかもしれません。
 本筋とは関係ありませんが、今見ると絵の雰囲気が少し違うように見えます。初期から変わっていないような印象を持っていたんですが、そんなことはなかったようです。

・2度目の握手

2011122910.jpg

小山宙哉「宇宙兄弟」1巻・

 2度目の握手は、自慢の肺活量テストで凡ミスをしたムッタが、ケンジから激励の一言を受けた直後です。「自分は一番になれない」と落ち込むムッタはケンジに後押しされていなければ、日々人だけの力では試験を乗り越えることは難しかったかもしれません。ケンジは偉大です。
ここではムッタから握手を求めています。

・3度目の握手

2011122909.jpg

小山宙哉「宇宙兄弟」1巻・

 3度目の握手はケンジからです。
2回目と同じ話(#5)の中で握手をしたせいか、ムッタが思わず「何回握手するんだ」と言ってしまっています。#5はせりかさんの初メインエピソードなので見落としていましたが、1話で2回握手していたこともあったのかと驚きました。確かに1話で2回は多いです。

・4度目の握手

2011122908.jpg

小山宙哉「宇宙兄弟」1巻・

 携帯を失い、皆の輪に入れないムッタ。そこへのケンジからの思わぬプレゼントとして、せりかさんのアドレスが記されたメモが!ムッタ、感謝の握手です。これが4度目でした。
こうして見ると、ケンジは「共に頑張ろう」という意味合いでムッタに手を差し出していますけれど、ムッタはケンジに対する感謝と共に手を差し出しているように見えます。同じ握手でも、よく見ると違うことに今更気が付きました。
ここではムッタから握手を求めている……ように見えるので、そう解釈しました。手が描かれていないため微妙なところです。どうなんでしょうか。

・5度目の握手

2011122907.jpg

小山宙哉「宇宙兄弟」2巻・

 5回目の握手は、3次審査の3日前に交わされました。この時点でムッタは既に、ケンジの家に友人として迎えられる程の信頼を得ています。ここで聞いた「かぺ」が、ケンジとムッタの友情を更に強めている気がするから不思議です。この作品の持つ言葉の力の強さが大好きです。
この握手はケンジからです。ケンジから握手を求める時は、やはり、共に闘い抜く決意を込めているように見えます。

・6度目の握手

2011122906.jpg

小山宙哉「宇宙兄弟」3巻・

 問題の6度目の握手は、3次審査で別のチームになったケンジとムッタが別れ際にしています。
今までの経緯を考えるとケンジから握手を求めているように読めるのですが、この握手は2人の手が同時に差し伸べられた、と解釈したいです。手が描かれていないのと、かなりこじつけですが、いい加減ムッタも握手を求められるタイミングがわかってきて同時に手を差し伸べた、という理由を付けてみました。やはり苦しいでしょうか。

・7度目の握手

2011122905.jpg

小山宙哉「宇宙兄弟」5巻・

 3次審査でムッタとケンジは別グループだったので、間が空いて5巻になりました。7度目の握手はムッタからです。
「忘れてた」と言い、握手をするために戻る程、2人の間では習慣になっているようです。
ムッタが今までと違って、「お互いに頑張ろう」というような意味を込めて握手をしたのは面白い変化ではないでしょうか。、3次審査で結束したメンバーから選ばれて最終審査へ進めたことが、宇宙飛行士になることへの覚悟を一層強めたのかもしれません。

・8度目の握手

2011122904.jpg

小山宙哉「宇宙兄弟」8巻・

 さらに間が空いて8巻です。晴れて宇宙飛行士候補になることの出来たムッタとケンジは今までで一番力強い握手を交わします。
ここも同時に手を差し伸べたと読みました。どちらともなく自然と握手をした、というのが自分の中ではしっくり来ます。

・9度目の握手

2011122903.jpg

小山宙哉「宇宙兄弟」13巻・

 9度目の握手は、飛びに飛んで13巻の巻末付近で交わされます。
宇宙飛行士候補から宇宙飛行士へ正式に任命された場面での握手は、2人の変わらない友情を示してくれています。握手の間隔が広くなったのは、1巻のようにムッタの仲間がケンジしかいない、という状況から大きく変化したからなのでしょう。この頃はケンジよりも新田にスポットが当たっていましたし、そもそもムッタの行く道がケンジとは別の、困難が多い道でした。
久々の握手は手がしっかり描かれている通り、ケンジからです。

 非常に長くなりましたが、16巻までに交わされた握手を全て見てみました。

 同時に交わされた握手を除くと、手を先に差し伸べた順を見ていくと、ケンジムッタケンジムッタ→……となっています。
 
 16巻では不成立のものも含め、3度の握手が描かれています。
この順番が、13巻のケンジから続いて、ムッタムッタ(不成立)ケンジとなることで順番がしっかり守られたと読むこともできるのではないかなというわけです。
 先に述べたように、ムッタとケンジが逆の立場でも握手は不成立だったに違いありません。では、なぜ連続でムッタからの握手が続けて描かれたのかを考えた時、答えとしてこういうことも考えられるのではと思いました。
もちろん、ムッタから差し伸べた手が一度目は取ってもらえたのに、二度目は取ってもらえなかったことの衝撃が一番でしょうけれど。

 ただ、作者のこだわりとして「握手のシーンにおいて、手を先に差し伸べる順番をケンジとムッタが交互になるように描いている」のではないかと考えると、成立しなかった握手の意味合いが更に強くなった気がします。

 16巻の中で、ムッタとケンジは和解することができました。が、その握手がどういうものだったかはあえてここでは書きません。オチは言ってしまっているようなものですけれど。
ただ、作品を通して印象的な握手がいくつもある中で、16巻の三度目の握手はどれにも負けない力強さなのではないか、ということは言いたいです。
 この更新のために最初から読み返して、ムッタとケンジの友情を再確認することで「宇宙兄弟」がもっと好きになったのでした。

スポンサーサイト

「7SEEDS」 生まれ変わる花


 出ました「7SEEDS」21巻。
 住んでいる地域の関係と、日曜日挟んでいるので本来なら1日遅れて明日が最速入手の日なのですが、通販の力を借りて1日手に入れることが出来ました。せっかくなのでその日のうちに感想らしきものを書いてみます。
 まとめて21巻感想にしてしまいたかったのですが、久々のキャラ大量出演でかなり内容が詰まっているので、今回は花についてのみ書きます。

 21巻は長かった「小暑の章」が23話にて完結します。
 なんですが、冒頭に収録されている22話目は、夏Bから少し視点を変えて新エピソードの前振りのように花が復活する様子が描かれます。当り前のように生きていると信じていたので驚きはしなかったんですが、別の意味で驚きました。なぜか花が子供に!そのせいで最初に読んだ時は、前々から今後の展開の可能性の1つとして予想していた「花が記憶喪失になる」が現実になってしまったのかなと思ってしまいました(子供=何もない状態に戻る、みたいなイメージ)。
 ただ、部分的に思い出せない所があるようで、それが作中通してずっとなのかどうかでキャラとの関係性が変わってきそうで、予想好きにとってはまた面白い材料をありがとうございますという感じです。

 何で子供のイメージ?と最初は疑問でしたが、同時発売のファンブックを読むと、花が生まれ変わるエピソードだということで初めから歩き出す様子を描きたかったとか何とか。それなら納得です。それを踏まえて読みなおすと、お腹を下すシーンなんかは子供状態だから描けたもので、その様子も楽しそうで(ただ下品なだけではないし、性的でもない)上手く活用しているなあと感心させられました。
 
 話は変わって、子供版花で気になるシーンを1つ紹介。

20111211.jpg

田村由美「7SEEDS」21巻・35ページ

 大人の花=本来の花へ戻る前のページの何気ないシーンです。が、今までの子供花の表情と比べるとかなり大人っぽいような気が。大人っぽいというより、子供がしないような表情をしていて、次のページを待たずにもうここから戻っているんだなと思わされます。彼女にとってキーアイテムの父親にもらったツールナイフがきっかけというのがまた良いです。
 いつまでも楽しい気持ちでいてもよかったんだけれど、今までのことを思い出さないといけないのも勿論あって、その瞬間がナイフを見てふっと出てきたのかなと。
 それと、書きながら気付いたんですが、これって貴士先生から花への最後のプレゼントのようなもので、それこそ大人と認めた証なのかもしれないという所まで考えると、彼女を元に戻すにはうってつけのアイテムでさらっと描かれているけど深いシーンなのかもしれません。

 実はそんなに花が好きではないんですが、この新エピソードは読んでいていいなと思えました。理由を考えてみると、たぶん花が世界を肯定して、おそらく今まではなかった自然に対して笑いかけている場面が何度も何度も描かれているからかなと。それこそ今までの分を全部吐き出すかのように、1人でいるのに笑顔でいるシーンが多いです。
花に限らず、キャラクターたちが世界をようやく肯定し始めているので、もしかしたら21巻から作風がガラっと変わって明るいシーンがこれからも増えてくるのかなとすら思えます。
 自分は面白く読んでいたので、作中キャラの気持ちが根本的な部分で後ろ向きだというのは見落としていた視点だけれど、前向きに新しい世界を捉えるだけでこんなにも変わるものなんですね。
 花は本来なら探検大好きで、出会うもの全てが目新しいならワクワクしていたはずで……が「はず」で終わらずに、ここでリセットされてちゃんと描かれて、ここでまた魅力的になるのは凄いなと。

 花が魅力的になったと言えば、自分の短所を自覚したのもそうかなと。
 出来る女性として描かれていたのを、安居たち夏Aに崩されたわけですが、それでも負けじと付いて行く強い気持ちのせいで、なかなか弱い部分が見られなかったのが花だったなとまたここで気付かされるという。
自分と比較して、相手の優れたところを素直に認める描写も増えている気がします。今回は動物の運動能力でしたが、これから先は人間相手にもそういうのがあるといいな。

 友達がいないというのはナツとリンクする部分で、でも理由は違っているのが面白いなと(ファンブックにあったように田村先生自身が2人は仲良くなれるのか?と心配しているのも面白い)。
21巻で気付いた所だと、他にもナツとのリンクがあります。

20111211-1.jpg

田村由美「7SEEDS」21巻・126ページ
花の作ったザル。大漁!

20111211-2.jpg

田村由美「7SEEDS」12巻・122ページ
ナツの作ったカゴ。カゴ?

 この差……成長するナツと、欠点を自覚した花がじわじわと近付いている感じはありますが、やはり花は凄い女性だなと思わされる比較です。
 再生による笑顔の増加と、欠点の自覚によって新たな一面が部分が引き出されつつ、まだ凄さを損なわないうえに、ナツとの関連性も描いて主人公としての魅力を一段階上げてきたなというのが21巻の花に対する印象です。このままもっと好きになれるように読み込んでいきたいです。
 
 次巻の引きがまた絶妙で、まだエピソードの導入部だけれど続きが気になります。もし本当にあのキャラなら、前に言っていたようにぶん殴ってくれると嬉しいです。花も自覚したことだし、初めての親友になってくれるといいな。

PageTop

プロフィール


管理人:10

何かあれば、下のメールフォーム又はpudding_sour_10○yahoo.co.jpへ御連絡ください。
(○を@に変えてください)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新の記事
全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
カウンター



+2,000,000
(since:2007.8.5~)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。