スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ 2013年 11号 感想と予想

「BLEACH」が久保先生インフルエンザのため休載。残念です。

○ワールドトリガー

・異次元からの侵略者「ネイバー」から街を守る「トリガー」三雲の前に、謎の少年遊真が現れる。
 新連載。カラー明けの5ページで世界設定の説明をさらっと終えて本編開始というのは、ここをしっかり読んでおかないと振り落とされそうで「チャレンジしてきてるな」と感じました。
 主人公ペア2人の立ち位置には見事騙されました。遊真→ユーマ→"UMA"から名前取ってるんですかね。
 という驚きはあったものの、1話は無難な話だったかなと。


○暗殺教室

・イトナの暗殺開始。"兄弟"の証に激怒する殺せんせー
 ヤングダイブの小ネタに笑いました。「TAITZ」がめっちゃ気になります。
 触手を見せたイトナが格好良かったものの、その後の殺せんせーの激怒に全部持っていかれた感があります。普段とのギャップがあって余計に恐ろしいです。
 そしてシロさん卑怯。


○ONE PIECE

・ドフラミンゴ、パンクハザードに上陸
 茶ひげさんのセリフが死亡フラグにしか見えないのですが、スモーカーがむしろやられてしまったので大丈夫なのかな。いやしかし、どうなんでしょうか。それにしてもスモーカーやられすぎである。
 男性陣では良識ある方のサンジにルフィの性格について忠告されるロー。でも、これはつまり「あきらめろ」ってことでは。
 錦えもんの同心はキン、モモときているから浦島太郎的な名前なのかしら。
 青ひげ久々の登場。テンション上がります。


○恋するエジソン

・Z戦士と化すスピカ。あと壁のシミ
 冒頭のナメック星人のくだりから笑いました。しかし、叫び顔が怖いです。線が多すぎるのだろうか?
 回復のカプセルは運動部に1台ずつ分けてあげたら良いのでは。すごい高性能な発明もできると実証されましたね。あとスピカはスカートのガードが固いな、とも。


○NARUTO

・甦った火影たちは里の現状を確認する。そしてサスケとの対話へ。
 今回すごい面白いです。火影たちのキャラクター(特に初代)の良さ、作品世界の深さ、そしてサスケの最後の問いと、初めから終わりまで濃密で、今回だけでコミックス集めるのを検討しはじめたくらいです。今週はぶっちぎりでナンバー1です。
 何と言っても初代火影の面白いこと。こんなに気さくで茶目っ気のある方だったんですね。水月のツッコミも相まって、かなり好きになってしまいました。
 サスケの問いが作品の核心に迫るようなもので「終わりが近いのかな」という気にさせられます。


○黒子のバスケ


 個別記事書きました


○斉木楠雄のψ難 

・バレンタイン回
 鳥束の裏事情が面白い。確かに単行本で読んでもあまり印象に残らない回ではありましたが、ぶっちゃけすぎでは。しかも今回もセンターカラーという。
 海藤はイケメンだから1個くらいもらえるのでは…と思ったら本当にもらえたみたいで釈然としません。私は燃堂の味方です。
 最後にちゃっかりもらってしまう斉木は格好いいなー。もらい方も格好良いです。


○ハイキュー!!

・烏野VS城西、決戦前夜。
 及川は変人速攻のサインを、烏養さんは及川が何か隠して戦っている=本気じゃないのを感じ取ったということなのかしら。
 選手それぞれの決意が敗北フラグに見えなくもないのが恐ろしいところです。いやでも、東峰を復活させておいて即敗北は無いかな…。
 及川が裏で努力しているのをさらっと描いてくるのは卑怯です。格好良いじゃないですか。この作品は全員が努力している様子を描いてくれるから好きです。


○今週のベスト3

1:NARUTO
2:黒子のバスケ
3:斉木楠雄のψ難

スポンサーサイト

週刊少年ジャンプ 2013年 10号 感想と予想

○恋するエジソン

・発明王エジソンのすべてを受け継いだ美少女スピカと、その周りの人たちの日常
 2013年最初の新連載はギャグ漫画。スピンちゃんではない。
 「なんでそっちを作っちゃうんだよ!?」で吹き出しました。悔しい。まんまと笑ってしまったので、次回以降も楽しみに読みたいです。
 ヒロイン?の明星くんがこっそり麻衣ちゃんを好きだと思いこんで読んだけど、そんなことはありませんでした。メインキャラには星の名前が付いているのと、明星くんの同級生が"牡牛"原さんということで、12人の星の名を持つ女の子達が出てくると予想。というのは冗談です。
 しかし、寮に"星"が集ってしまっているのは「食戟のソーマ」と展開が被ってしまっていますが、大丈夫なんでしょうか(ただの偶然)。


○NARUTO

・きれいな大蛇丸の「穢土転生」により復活する歴代の火影たち
 きれいな大蛇丸に笑いました。読んでない間に一体何があったんですか。サスケ達の良い師匠っぽくなっていて、今週は完全に主役でした。
 そして、よくわからないけれどゼツを有効活用して火影復活と。
「穢土転生」は死体がない者に対しては使えないだとか何とか言われていて、ああもう彼らは二度と作中に出ないのだなと木の葉崩しの時には思ったことを覚えています。が、今回復活したと。
 これは、大蛇丸が"蓄積"していた歴代火影の肉体の情報をゼツに与えて擬似的に"歴代火影の遺体"を作り出して魂を憑依させた、と考えたのですが合っているのでしょうか。
 そもそも前提が間違っていてこんなこと考えなくてもいいのかもしれませんが。


○ONE PIECE

・麦わらの一味と海軍の別れ。そしてローとドフラミンゴの交渉
 前回に続いて良い話。スモーカー率いる海兵たちとはいつかまた共闘する時が来るかも、と思わされました。そして「海賊になるよー!」のコマのゾロが格好いいこと。
 一方のドフラミンゴ、宴に間に合わないどころか、パンクハザードに来れそうもないのを見て「え…」となりました。
数週前の引きは何だったのか。そして今まで笑ってばかりいたのにキレてしまいましたか。たった1週間でドフラミンゴを今のジャンプで一番ピンチな男にしてしまうとは…ロー、恐ろしい男…!


○斉木楠雄のψ難 

・苦労人の松崎先生と斉木楠…子
 今週は笑える話ではなく、ちょっといい話。
校則を破っているのは自分たちなのに、先生を悪く言って正当化する光景は学生時代に心当たりもあるし、見聞きした覚えも山ほどあるので、心に刺さる話でした。
 斉木楠子は可愛いけど、照橋さんの方が好きです。私は照橋さんみたいな子を好きになって学生時代を棒に振る…もとい、おっふして終わるタイプでした。残念ながら今もそんな感じですが。
 あ、感想書きながら気付いたけど照橋さんってテレパシーですね。


○BLEACH

 個別記事書きました


○暗殺教室

・2人目の転校生・イトナ登場
 イトナは掴み所の無さそうな子なので、殺せんせーがどのようにクラスに溶け込ませるか想像もつきません。しばらくは戦闘描写が増えるのでしょうか。
 それはそれとして、シロさんが怪しいです。どうでもいいけど、シロさんと書くと某河合荘の変態のシロさんを思い出してしまいます。実はローブの下が全裸とかだったりするんでしょうか。いやでもシロさんはそういうタイプの変態ではないよな(暗殺教室の感想じゃない)。



○黒子のバスケ

 個別記事書きました


○ハイキュー!!
 
・烏野勝利!
 西谷が天才的な運動センスによるプレーをした一方で、かつては自分の持つ才能(と努力)だけで試合をしていたような影山が"相手に合わせたプレー"を選択して、敗北から這い上がってきた東峰が打って、最後はネットが左右する="運"による試合の決着、という一連の流れはスポーツだとか部活におけるあらゆる要素が全部詰め込まれていて、出来すぎた決着に思えます。1プレーにここまで詰め込んでくるか!と驚くばかり。
 贅沢を言うなら、東峰には2ページぶち抜きの見開きでスパイクを決めて欲しくはありましたが、3人の連携がとんでもなく熱かったので文句を言うのはやめておきます。
 試合後の"エース"による「お前らはヒーローだな」がまた良い台詞です。1人1人が東峰を信頼することで救っていたと考えると、確かに烏野全員が東峰のヒーローだよな、と。
 そして、やはり菅原が好きなので試合後にたっぷり描かれていて嬉しいです。


○今週のベスト3

1:BLEACH
2:ハイキュー!!
3:ONE PIECE

週刊少年ジャンプ 2013年 9号 感想と予想

○トリコ

・トリコVSスタージュン開戦
 7巻+十数話までの知識しかないのですが、トミーやグリンパーチは知っているのでテンション上がりました。しかしキショいです。
 セツさんの「何じゃ?」は倒れているザウスシェフらしい男が本人じゃないことに対する違和感かな。


○NARUTO

・ナルトのチャクラで皆がパワーアップ
 人並み外れたチャクラを持つナルトが、一人ぼっちだった昔を乗り越えて、認めてくれた皆に力を分け与えるというシチュエーションは熱いです。ネジの遺志にまつわる話は今回でひと段落なのかな。


○ONE PIECE

・恒例の宴にローびっくり
 ナミさんの女海兵への信頼にグっときました。海軍だって良い奴いますよね、という回だったな今回。
島攻略後の緩い回と思いきや、ルフィの目標が決まったり等々、けっこう大きい動きがありました。自分で考えてもわからないので余所様の感想を見て学びます。
 もしかしてドフラミンゴさん、宴の会場に乱入してぶち壊すなんて空気の読めないことを…しないか。



○食戟のソーマ

・めばえっ
 女性陣の裸よりも一色先輩の不自然なエプロンが気になる件。
真面目に考えたくもないですが、真面目に考えるなら全裸になっていないので完全勝利ではないということなのかしら。
 一色先輩は優しくて良い人だなあ。お茶漬け美味しそうです。


○斉木楠雄のψ難

・猫派でも犬派でもなく、どうでもいい斉木の前に高慢な猫が
 私もどうでもいい派です。動物は苦手です。だから猫はレギュラー化しなくてよかったニャ。
「上の骨派?下の骨派?」が今回のツボでした。そしてママ可愛い。「スケベなやつでしょ!?18禁の!!」って言い方が可愛い。
 コミックス0巻~3巻まで一気に買ってしまいました。おっふ


○黒子のバスケ

 個別感想書きました


○暗殺教室

・殺せんせー、ハワイで映画を見る
 移動中も視聴後も生徒に学ばせることを忘れないせんせー立派すぎます。
 そして現れる2人目の転校生。それよりもローブの男が気になります。これはアレですか、スパスシフィカとかいう名前なんでしょうか(わかりにくい)。


○ハイキュー!!

・烏野、マッチポイント
 西谷、格好良すぎるでしょうこれ。足を使ってもOKというルールと、ページをまたいでこその演出を上手く使ってのすごいシーンです。が、これはもう作品内では使えない一回きりのテクかな、と。その1回きりをエースに上手く決めて欲しいところです。次回決着してくれ。


○BLEACH

 個別感想書きました


○今週のベスト3

1:ハイキュー!!
2:ONE PIECE
3:BLEACH

週刊少年ジャンプ 2013年 8号 感想と予想

 書き方を悩んでいたら遅くなりました。申し訳ありません。
前回のが変な書き方だったと思ってください。

○NARUTO

・シカマル父といの父が遺した作戦が開始される中、ナルトはネジの遺したものを語る。
 ナルトが格好よく決めてしまったので、ネジの蘇生は無さそうかな、と。
 それはそうと、読んでいない空白の時期があるのでサスケが何をしているか全くわかりません。
その空白の時期があったせいで知らなくて、今週やっと気づいたのですが、忍連合軍だから皆で「忍」の額当てしているんですね。熱い。


○ONE PIECE

・フランキー大将軍とウソップとナミ、大活躍。
 ナミさん、あらゆるパンツを下げすぎではないですか。そして強くなりました、ナミさんもウソップも。頼もしい。
 フランキーはコーラをエネルギーにとてつもない破壊力を生み出せる点が改めてヤバいと思わされました。今回の「将軍砲」もコーラですよね。どうなってんだ。
 最後に出てきたのは誰なんでしょうか。ドフラミンゴが到着していない時点で別の乱入者が描かれるということは、別勢力の誰かなんでしょうか。


○暗殺教室

・ビッチ先生頑張る。
 苦手を克服する大変さと努力。眩しくて目を背けたくなりますが、ビッチ先生が可愛くて見てしまいます。緊張しながらも成功したことに高揚しているビッチ先生が今週一番可愛い。
 ロヴロさんは意外と良い人で、殺せんせーが意外と卑怯なつもりで約束を設定していたというオチにはニヤリとしました。甲冑の値段が気になります。そしてロヴロさんの腕毛も気になります。


○黒子のバスケ

 個別感想書きました


○トリコ

・スタージュンの猛攻。そして美食會到着。
 ココとゼブラの合体技がスタージュンには通じず。料理において(衛生という意味での)「消毒」は普通に聞く言葉なので、誰かに「消毒」させるためにココが「毒」を使う設定にしたのでは、と思えるほどでした。こういう言葉遊びはたまりません。
 そしてトリコVSスタージュンがいよいよ開戦かな。2週続けて熱い引き。
 他のカードも気になるところです。


○食戟のソーマ
・創真、入寮。そして、いきなりの幹部登場。
 「8分ほど待ってろ」や「小一時間待ってて…」の小ネタが面白い。喧嘩じゃなくて料理で力関係を示そうとするなんて、皆良い奴らじゃないですか。
 幹部が裸エプロンの男だった時の創真くんの気持ちを答えよ(10点)。
 2話から読み始めたのでお嬢様みたいな女の子が主人公だと思っていましたが違ったみたいです。何かを創造する漫画において「創真」という名前だけで何かもう勝ってる感ありますね。歴代ジャンプ主人公の中でも素晴らしい名前を持っているのではないでしょうか。
 

○BLEACH

 個別感想書きました


○ハイキュー!!

・第1セットは烏野が先取。しかし、攻撃が徐々に通用しなくなりはじめる。
 毎回密度が濃すぎやしませんか。そして烏野女子が可愛すぎやしませんか。この試合後にスポット当ててください。
 東峰、復活はしていたものの、完全には覚醒してなかったらしく、次回が見せ場っぽいです。いつも以上にテンション上がりそうです。


○今週のベスト3

1:BLEACH
2:ハイキュー!!
3:暗殺教室

 感想書けてませんが「斉木楠雄」が面白いです。コミックス欲しいけど最寄りの書店に1巻だけ置いてません。

週刊少年ジャンプ 2013年 6・7合併号 感想と予想

 冨樫先生描き下ろしのクロロがじわじわくる

・黒子のバスケ

 オールカラーで黄瀬無双。黒子は同時に投入されたのに今回は見せ場ありませんか。

 黄瀬は赤司の能力も使えるようで。灰崎を倒すには必要がなかったのか、洛山-秀徳戦で久々に目にしたことでコピーできたのかはわかりませんが、目までコピーできるとなると恐ろしいことです。
 今後の展開として、今回、赤司の能力を体感できたことで誠凛にとっては洛山戦の事前研究が捗ることになるかもしれない。けれど、黄瀬の知っている範囲は、中学までの赤司+洛山-秀徳戦の遠目に見ていた一戦分くらいなものだろうから、完成度としてはどの程度なのか気になるところ。

 緑間本人は精神的に出られる状態じゃないのかもしれないので仕方ないけれど、黄瀬が3P打たなかったことでキセキの中で唯一、緑間だけが影も形もありません。いつぞやのようにコミックスのNGが「オレだけ出番がないのだよ…」だと予想しておきます。
このままだと緑間があまりにも可哀想だから、NGも特別にカラーになっていればいいのですが。

 今回のオールカラー、着色は委託とのこと。でも全く違和感ありません。どういう形の委託なのかコミックスで明かされるのかな。気になります。
 ものすごくどうでもいいレベルの話なのですが、一つだけ残念な点を挙げるとすれば、キセキの技を複合して使用した際の効果音が各キャラに対応するような着色になっていれば、視覚で見てより楽しめたかも、と小言を書いてみる。

 オールカラーはアイシールド以来なのかな。購入が途切れていた時期が何度かあるので定かではありませんが、それだけ原作の人気が高い証明なんでしょう。



・BLEACH


 かなり長い時期どうしようもなく苦手になってしまっていたのですが、一周まわって大好きになり、今更コミックスを集め始めています。一度、1~23巻を手放したのが悔やまれます。

 今回の黒子は黄瀬無双回だったり、テニスの王子様は海堂・乾ペアの試合だったことを考えると、一護が初めて卍解を使用した回がオールカラーのブリーチのタイミングの良さは凄いな、と今更ながら思ったりして。
一方で、50巻の冒頭がチャドだったり、500話で主人公が檻に捕まっていたりしますが。

 王悦のキャラ立てで1週終わってしまいましたが、何気に重要な情報も隠されてそう。
斬魄刀を打ち直してもらうとして、斬月と蛇尾丸の精神がどうなるかが一番の問題だと思うので、ただ落とし穴から這い出れば良いというものでもないでしょうし。

 「死神と斬魄刀の区別もつかねえのか」という王悦のセリフが、死神勢と合流した時にやちるに対して違和感を憶える布石に思えるのですが、考えすぎでしょうか。

 左から2番目の両手を挙げている美女を自分の斬魄刀にしたいです。

 いきなり書くことではありませんが、正直、今週の内容は辛いものがありました。が、最終章の決戦に向けた最後の武器強化の機会なので、修行パートは溜めだと思ってあまり物語に入り過ぎない方がいいのかもしれない、と感想を書きながら思いました。 


・ニセキュー!!

 カラーページの水着が健康的で素敵です。こういうデザインに弱い。

 1人の男がモテまくるというファンタジー設定を持つニセコイの住人が、リアルスポーツ路線のハイキュー!!の住人を圧倒する展開は実に合理的ですね。いや、何も変なことは言っていませんよ。

 今週のハイキュー!!を見るに、烏野のバレー部女子は相当レベル高いと思うのですが。田中と翔陽の喜びようと、本編に全然出てこないあたり、練習における接点は無いと見ていいのでしょうか。
 もしかしたら、バレー部女子も可愛いには可愛いけれど、絵柄が違うのを逆手に取って、まさに2次元の世界から出てきた美少女、といわんばかりにニセコイ女性陣が美しいのかもしれない。

 ニセコイは久々に読んだので展開がよくわかりませんが、上手く噛み合ってて新年一発に素晴らしいコラボが読めました。第二弾もあるといいなあ。


・ハイキュー!!
 
 女子部員かわいい。

 新連載1話を読み飛ばして、後々コミックスで追いついた組ですが、ばっちりハマっています。スポーツ漫画も好きだし、相棒がいる作品も好きだし、サブキャラが丁寧に描かれる作品も好きだし、と、好きな要素が重なりまくりで読まない理由がありません。面白いです。
ただ、1週が濃すぎてコミックス1冊を読むのにかなり時間がかかるのが難点です。

 東峰が過去を振り切る回、かつ、(タイトルの通り)翔陽が自分の重要性を自覚する回だと思われますが、先日読み返したところ菅原が好きになったので菅原回でした。ここで影山が東峰にぴったり合わせたのに負けないで、これからもコート上で活躍するシーンが見たいです。
菅原は、女子部員の人気高そうなところを除けば本当に良い奴だと思います。

PageTop

プロフィール


管理人:10

何かあれば、下のメールフォーム又はpudding_sour_10○yahoo.co.jpへ御連絡ください。
(○を@に変えてください)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新の記事
全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
カウンター



+2,000,000
(since:2007.8.5~)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。